Top > 高齢出産とダウン症

高齢出産とダウン症

高齢出産とダウン症について。高齢出産のリスクとして、よくあげられるのがダウン症です。ダウン症は染色体異常により偶発的に発生するものとされています。
高齢出産であれば必ずダウン症になるというわけではありませんし、若いからといってダウン症の子供が産まれないというわけでもありません。
実際に多くの芸能人が高齢出産を経験していますが、必ずしもダウン症の子供が生まれているわけではないのが分かると思います。もちろん芸能人の方でもダウン症の子供を育てているかたもたくさんいらっしゃいます。

しかしながら35歳の場合だと300人に1人、40歳以上だと100人に1人という確率でダウン症の子供が産まれる確率が高くなるとされています。
もちろん女性にだけ原因があるわけではありません。男性の年齢があがればあがる程、ダウン症の確率は高くなるのです。

ダウン症の子供は他の子に比べると運動能力や知能の発育に後れが見られます。また心疾患といった合併症を伴う事が多いのです。少し前までは短命であるとよく言われていましたが、今では平気寿命も確実に延びているようです。

 

 高額医療費  FX 南アフリカランド  職探し
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
高齢出産ブーム(2009年10月23日)
高齢出産のメリット(2009年10月23日)
高齢出産と妊娠の関係(2009年10月23日)
高齢出産とダウン症(2009年10月23日)