Top > 高齢出産と妊娠の関係

高齢出産と妊娠の関係

一般的に女性の妊娠力が低下し始めるのは、33歳からとされています。健康な男女が排卵日に性行為をして妊娠する確率は35歳未満なら25%、35~40歳では15%とされています。さらに年齢を重ね、40歳後半になるとその確率は4%にまで下がってしまうと言われています。

子どもが欲しいと思っても妊娠は別問題です。年齢が高くなるとともに卵子や精子は老化し、数も減少します。特に、卵子は本人が胎児のときに形成され、排卵する時期が来るまでの間体内環境の影響を受け続けているのです。したがって、生活習慣の乱れが不妊を引き起こす・・・といっても過言ではありません。

不妊を予防するには食事や運動、性行為に至るまでのあらゆる生活を見直す必要があります。

 

 自宅開業  畳ベッド  眉毛の整え方
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
高齢出産ブーム(2009年10月23日)
高齢出産のメリット(2009年10月23日)
高齢出産と妊娠の関係(2009年10月23日)
高齢出産とダウン症(2009年10月23日)