-高齢出産

2009年10月アーカイブ

高齢出産ブーム

| コメント(0) | トラックバック(0)

近年の女性の社会進出化により働く女性が増えています。昔の女性たちは20代前半で結婚する人が全体の3割を占めていました。結婚したら子供を産んで、家庭に入るのが一般的・・・という時代だったのでしょう。しかし、この20年で20代前半の出産は半数以下に激減し、30代での妊娠・出産が増えました。それにともない35歳以上の高齢出産するケースも多くなりました。

医学的にみると、出産適齢期は20代~30代前半なのかも知れません。しかし現在では、現在は30代での妊娠・出産がトップに君臨しています。また、45歳以上の妊娠・出産に関しては5割以上も増えています。

高齢出産ブームは今後も続き、さらに増え続けることが予想されています。リスクが大きい・・・などのマイナスイメージを強調されがちな高齢出産ですが、増加によって「私も産もう」「私でも産める」という気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

 

 歯の無痛治療  オパールエッセンス  落ちないマスカラ

高齢出産についてはデメリットばかり言われているようですが、高齢ならではメリットもあります。それは精神的にも成熟した女性にとって子育ては20台の若い子よりも高齢ならではの豊富な人生経験、またそれによって培われた精神力が大きく影響しているのではないでしょうか。

また年を重ねるごとに経済力は増しますから、ベビーシッターや託児施設を利用するなど、体力面での不足を経済力で補うことができます。

20台の女性が育児で悩むことが多いようですが、高齢で出産された方には、育児に対しても豊富な人生経験を生かして大らかな気持ちで向き合っています。

このように高齢出産は考えようによっては、デメリットよりもメリットのほうがはるかにあるのではないでしょうか。

 

 歯のインプラント治療  親知らず  歯列矯正

一般的に女性の妊娠力が低下し始めるのは、33歳からとされています。健康な男女が排卵日に性行為をして妊娠する確率は35歳未満なら25%、35~40歳では15%とされています。さらに年齢を重ね、40歳後半になるとその確率は4%にまで下がってしまうと言われています。

子どもが欲しいと思っても妊娠は別問題です。年齢が高くなるとともに卵子や精子は老化し、数も減少します。特に、卵子は本人が胎児のときに形成され、排卵する時期が来るまでの間体内環境の影響を受け続けているのです。したがって、生活習慣の乱れが不妊を引き起こす・・・といっても過言ではありません。

不妊を予防するには食事や運動、性行為に至るまでのあらゆる生活を見直す必要があります。

 

 自宅開業  畳ベッド  眉毛の整え方

高齢出産とダウン症について。高齢出産のリスクとして、よくあげられるのがダウン症です。ダウン症は染色体異常により偶発的に発生するものとされています。
高齢出産であれば必ずダウン症になるというわけではありませんし、若いからといってダウン症の子供が産まれないというわけでもありません。
実際に多くの芸能人が高齢出産を経験していますが、必ずしもダウン症の子供が生まれているわけではないのが分かると思います。もちろん芸能人の方でもダウン症の子供を育てているかたもたくさんいらっしゃいます。

しかしながら35歳の場合だと300人に1人、40歳以上だと100人に1人という確率でダウン症の子供が産まれる確率が高くなるとされています。
もちろん女性にだけ原因があるわけではありません。男性の年齢があがればあがる程、ダウン症の確率は高くなるのです。

ダウン症の子供は他の子に比べると運動能力や知能の発育に後れが見られます。また心疾患といった合併症を伴う事が多いのです。少し前までは短命であるとよく言われていましたが、今では平気寿命も確実に延びているようです。

 

 高額医療費  FX 南アフリカランド  職探し
カテゴリー
更新履歴
高齢出産ブーム(2009年10月23日)
高齢出産のメリット(2009年10月23日)
高齢出産と妊娠の関係(2009年10月23日)
高齢出産とダウン症(2009年10月23日)
カテゴリー
更新履歴
高齢出産ブーム(2009年10月23日)
高齢出産のメリット(2009年10月23日)
高齢出産と妊娠の関係(2009年10月23日)
高齢出産とダウン症(2009年10月23日)